ブランド

【葉巻ブランド紹介】ベゲロス(Vegueros)

ベゲロスの歴史

ベゲロス(Vegueros)ブランドは、1996年に市場に導入され、キューバの地区で代々タバコを栽培してきたすべての農民に敬意を表しています。このブランドは、キューバのタバコの生産が盛んな地域であるピナル・デル・リオに位置する「Francisco Donatién」工場で製造されています。

この地域では、ベゲロスという言葉は農民を意味し、ベゲロスたちは自分たちの手で葉巻を作る伝統を持っています。そのため、ベゲロスブランドの葉巻には、丁寧な手作りの技術と伝統的なキューバのタバコの製造法が取り入れられています。

また、ピナル・デル・リオは世界一といわれるタバコが栽培される土地であり、多くの観光客たちがこの地区を訪れて、ベゲロスブランドの葉巻を試したいと思っています。ベゲロスブランドは、ピナル・デル・リオにある1868年に建てられ、1961年に葉巻工場に改装された頑丈な建物の中で生産されています。

ベゲロスブランドの葉巻は、その高い品質と伝統的な製法により、葉巻愛好家やタバコのコノisseurから高い評価を受けています。ベゲロスブランドは、キューバの葉巻文化を継承し、地域の農民に敬意を表するというコンセプトを大切にし続けています。

ベゲロスの葉巻

ブランド誕生から15年以上を経て、革新的なフォーマットをポートフォリオに取り入れ、全面的にリニューアルされました。
タパドス(46 x 120 mm)、エントレティエンポス(52 x 110 mm)、マニャニータス(46 x 100 mm)、そして今、セントロフィノスのビトラ(50 x 130 mm)が加わりました。
ミディアムからフルフレーバーのハバノスを求める人にとって魅力的な葉巻となっています。

ベゲロスの新しいビトラは、ブランドの新しいイメージとともに、16本入りの金属缶で提供されます。
セントロフィノスは、この時代のスモーカーに高く評価され、より幅広い層のスモーカーに受け入れられるトレンドのフォーマットです。

すべてのHabanosは、”Totalmente a Mano con Tripa Larga”-ロングフィラーで完全にハンドメイドされており、ラッパー、バインダー、フィラーは、キューバのシガーローラーによって作られています。