ブランド

【葉巻ブランド紹介】トリニダッド(トリニダ) Trinidad

トリニダッド(トリニダ)の歴史

トリニダッド(トリニダ)、キューバ南岸に位置し、16世紀に育成され、ユネスコの世界遺産に登録されているサンティシマ・トリニダッドの街へのオマージュとして命名されました。

トリニダッド(トリニダ)は、ハバノブランドとして1969年に誕生し、長い間、コイーバブランドと同様に、外国の外交官への贈答用としてのみ使用されていました。

この銘柄が一般に販売されるようになったのは1998年で、その時は非常に限られた数量しか販売されませんでした。

トリニダットは、キューバ南岸に位置するサンティシマ・トリニダッドの街へのオマージュとして名付けられた葉巻ブランドです。16世紀には既に育成されており、その歴史は非常に古いものとなっています。この町は、ユネスコの世界遺産に登録されており、美しい風景とともに、トリニダットの魅力を伝えています。

トリニダットは、1969年にハバノブランドとして誕生しました。しかし、当初は外交官への贈答用としてのみ使用されており、外国人には手に入りにくい銘柄でした。長年にわたって、コヒーバと同じく、限られた人々しか手にできない希少な葉巻として知られていました。

1998年に一般販売が開始され、トリニダットはより多くの人々に愛されるようになりました。しかしながら、当時は限られた数量しか販売されておらず、入手困難な銘柄として注目を浴びました。現在でも、トリニダットは高級葉巻として知られ、その品質と味わいは、葉巻愛好家にとって魅力的なものとなっています。

トリニダッド(トリニダ)の葉巻

当初、トリニダッド(トリニダ)のサイズは1種類だけでした。フンダドレスです。
2003年には、レイズ、コロニアル、ロブストスエクストラの3つのサイズがラインナップに追加されました。
また、より現代的で、ハバノスの並外れた品質と一致する、ブランドの新しいイメージも導入されました。

数年間、トリニダッド(トリニダ)は、歴史的なコイーバ工場であるエル・ラグイットで製造されていました。

2009年には、トリニダッド(トリニダ)・ロブストスTが発売され、このブランドのラインナップが完成しました。

2019年、ハバノスのレギュラーポートフォリオに3つの新ブランドが加わりました。

3つのビトラのうち、2つは未発表のものです。
エスメラルダ(リングゲージ53×長さ145mm)とメディア・ルナ(リングゲージ50×長さ115mm)であり、トペス(リングゲージ56×長さ125mm)はすでに2016年に限定品として発売され、非常に好評を博していました。

今回、Topesは、ブランドのレギュラー・ポートフォリオに初めてリングゲージ56を組み込みました。

すべてのハバノスは、「Totalmente a mano con Tripa Larga」-ロングフィラーを使った完全ハンドメイド-で作られています。