ブランド

【葉巻ブランド紹介】ロミオYジュリエッタ Romeo y Julieta

ロミオYジュリエッタの歴史

「ロミオ・イ・ジュリエタ」は、ハバノス社のブランドとして1875年に誕生しました。その名前は、英国の作家ウィリアム・シェイクスピアの同名の悲劇文学に由来しています。

シェイクスピアの「ロメオとジュリエット」は、二人の若い恋人の壮大な愛の物語であり、多くの人々の心を打つ作品として知られています。この作品の中で、ロメオとジュリエットは、禁じられた愛に燃えながらも、運命に翻弄される姿が描かれています。

「ロミオ・イ・ジュリエタ」のブランド名は、このような情熱的な愛の物語にインスパイアされて付けられました。葉巻は、贅沢で高級な嗜好品として、愛煙家たちにとっても特別な存在であり、そのようなロメオとジュリエットのような情熱的な愛と重なる要素を持っています。

このブランドはまた、ドン・”ペピン”・ロドリゲスによって20世紀初頭に導入された葉巻のリングによって、国際的な名声を獲得しました。また、イギリス首相のウィンストン・チャーチルが愛煙家として知られており、彼の名前が一部のリングに使われ、有名な「チャーチル」という名前の葉巻も存在します。

「ロミオ・イ・ジュリエタ」は、その名前に込められた情熱的な愛の物語と、葉巻の職人技術と伝統による高い品質が組み合わさった、特別なブランドとして世界中の葉巻愛好家に愛されています。

ロミオYジュリエッタの葉巻

2006年、Habanos, S.A.は、この象徴的なビトラの弟を発売しました。
ロメオ・イ・フリエタのロブストスであるショート・チャーチルズです。

チャーチルは、ハバノスにおいて神話のような名前です。
1946年にウィンストン・チャーチルがキューバを訪問して以来、この人物のハバノ好きが指輪に反映される要素が数多くあります。

最初はチャーチル、次にショートチャーチル、そして2010年には、この有名ブランドの2つの新しいビトラが登場しました。
ワイドチャーチルは、厚いリングゲージのビトラの愛好家の間でトレンドの55リングゲージを発足させる新しい形です。

そのバランスのとれた、香り高いブレンドは、*地域、*地域からのフィラーとバインダーの葉を使用し、ロメオ・イ・フリエタは、古典的なミディアムフレーバーのハバノになります。
今日、ロメオ・イ・フリエタは国際的な名声を得ており、ハバノスの中でも最も幅広い種類のビトラを提供しています。

2012年、このブランドは2つの新製品を発表しました。
新しいビトラ、プティ・チャーチルズは、短時間で楽しめるアロマティックでバランスのとれた味わいのハバノスをお探しの方に最適です。
また、ロメオ・イ・フリエタブランドの新しいレゼルバ、チャーチルズ・レゼルバ・コセチャ2008は、最低3年熟成の葉巻で作られたビトラです。

2015年には「ロメオ・イ・フリエタ グラン・レゼルバ・コセチャ2009」「ジュリエタ・ピラミデス・アニェハドス」が発表されました。

2017年には「ロメオ・イ・フリエタ プティ・ロワイヤル」を発表し、2018年には「ロメオ・イ・フリエタ タコス リミテッドエディション」を発表しました。

ロメオ・イ・フリエタは145歳を迎え、その記念すべき年に、ロメオ・イ・フリエタの中でも最も高級でエレガントな「リネア・デ・オロ」が発表されました。
この新しいリネアは、3つの新しいビトラで構成されており、そのうちの2つは均等な形で、もう1つはフィギュラティブな形です。
それらはロメオ・イ・フリエタのポートフォリオの新しいビトラで、初めて、ミディアムからフルストレングスを紹介しました。

Dianas、Hidalgos、Noblesは、この新しいLineaを構成するためにHabanos, S.A.によって選ばれたビトラで、ブランドの赤に染められたシカモア材に高光沢ラッカー仕上げの高品質ケースで市場に提供されます。
また、これらのHabanosには、このLineaのために特別にデザインされたフットバンドがあります。