ブランド

【葉巻ブランド紹介】ラモン・アロネス Ramón Allones

ラモン・アロネスの歴史

ラモン・アロネスは、ハバノスの歴史におけるビッグネームの一つであり、1837年に設立された最も古いブランドの1つです。その創業者は、自らのブランドのエンブレムが刻印された箱にHabanosを詰めるというパッケージングの伝統を確立し、今日のハバノスのパッケージングのパイオニアとなりました。

また、ラモン・アロネスブランドは地域限定版にも使用されており、限られた地域でしか手に入らない希少性があります。

全てのハバノスは、「トータルメンテ ア マノ コン トリパ ラルガ」というロングフィラーを使用し、完全ハンドメイドで作られています。さらに、ラッパー、バインダー、フィラーの葉は、キューバ地域の特定の地区で生産されたものを使用しています。

ラモン・アロネスの特徴は、濃厚で複雑な味わいです。各葉巻には深みのある風味や独特な香りがあり、熟練の職人による手作業で作られることから、高い品質が保たれています。ラモン・アロネスの葉巻を楽しむことで、贅沢なひとときを過ごすことができます。

ラモン・アロネスの葉巻

中でも有名なビトラは ギガンテス、アローネスです。

ラモン・アローネス・アローネスNo.2、2019年限定版などのビトラは、他のビトラの中でも大きな衝撃を与えました。