ブランド

【葉巻ブランド紹介】パルタガス Partagás

パルタガスの歴史

パルタガスは、ハバナで最も有名な葉巻ブランドの一つであり、特にハバノス工場が知られています。この工場はかつて国会議事堂のすぐ後ろに位置していましたが、現在はサン・カルロス通り806番地に移転しています。

パルタガスは、1845年にDon Jaime Partagásによって設立され、長い歴史を持つ一流のHabanosブランドとして知られています。その最大の特徴は、強烈な風味であり、一口吸うだけでその独特の味わいを識別することができます。

Partagásの葉巻は、地域で厳選された高品質の葉巻で構成されており、比類のない豊かさと香りを持っています。パルタガス・ビトラリオは、様々な形とサイズがあるのが特徴であり、各々の葉巻に独自の個性と風味があります。

パルタガスは、ハバナの葉巻ブランドの中でも歴史と伝統に溢れ、多くの愛好家に支持されています。その風味豊かな葉巻は、熟練の職人によって手作りされており、葉巻の芸術として高い評価を得ています。パルタガスの葉巻は、熟練の葉巻愛好家にとっては欠かせない存在であり、ハバナの葉巻文化の中心的な一部として愛されています。

パルタガスの葉巻

特によく知られているのは、シリーズD No.4のビトラで、そのレゼルバはハバノスがこのコンセプトで作った最初のものでした。
ルシタニアス、8-9-8、パルタガス・ピラミッド:シリーズP No.2は2005年に発表され、すぐにフルフレーバーの葉巻愛好家の選択のハバノとなったピラミッド型です。

2008年、パルタガスのPシリーズNo.2、DシリーズNo.4の筒と段ボール箱が新しいイメージを発表しました。

2011年には、おなじみのシリーズに、シリーズE No.2とシリーズD No.5の2つの新しいビトラが発表されました。

2013年にはブランド史上初のグラン・レゼルバ、ルシタニアス・グラン・レゼルバ・コセチャ2007が登場し、個性的で強烈なフレーバーを求める熟練スモーカーを満足させています。

パルタガス・トロピカス・ヒュミドールは、Habanos, S.A.がブランドの175周年を記念して選んだ、ハバノス愛好家にとって最も待ち望まれていたノベルティの1つです。

トロピカスは、この特別なヒュミドールを構成するために選ばれたビトラです。
このビトラは、ブランドのポートフォリオの中でもユニークなサイズ(54リングゲージ×175mm)で、大判で長持ちするビトラを好む愛好家に理想的な、エレガントなフォーマットです。

2014年、ブランドはシリーズD No.6の発売を主催し、2015年には熟成葉巻のコンセプトが、モンテクリストとロメオ・イ・フリエタ、そしてパルタガス・コロナス・ゴルダスの2つの参照ブランドで発足しました。

2017年に発売された「パルタガス シリーズNo.1 リミテッドエディション」は、ハバノスのポートフォリオの中で、全く新しいファクトリーネーム「ノブレサス」を初めて導入しました。

2018年には、「パルタガス リネア マデューロNo.2」と「マデューロNo.3」が発売されました。Maduro No.1ビトラは、2015年に専門店のネットワークであるLa Casa del Habano向けに発売され、この新しいLíneaを構成する標準ポートフォリオの一部となりました。

近年、ヒュミドールは愛好家で大変人気があり、年々その重要性を増しています。
パルタガス・トロピカス・ヒュミドール175アニバーサリーは、50本のハバノスが入った450本のシリアルナンバー入りのユニークなシリーズで、貴重なコレクターズアイテムになります。