ブランド

【葉巻ブランド紹介】オヨ・デ・モントレイ(Hoyo de Monterrey)

オヨ・デ・モントレイの歴史

オヨ・デ・モントレイは、キューバで最も歴史のある葉巻ブランドの一つであり、農園の創始者であるホセ・ジェネルが1865年に設立しました。

オヨ・デ・モントレイの葉巻は、ライトボディであり、上品な味わいが特徴です。その秘密は、肥沃な土壌と穏やかな気候にあります。オヨ・デ・モントレイの葉巻は、ハバナ地区で生産されています。

オヨ・デ・モントレイの代表的な葉巻には、エピックール、グランデ・デ・オーナー、リオ・セコなどがあります。これらの葉巻は、経験豊富な喫煙家からも高い評価を得ています。

オヨ・デ・モントレイは、その品質と味わいのバランスの良さから、長年にわたって喫煙家から支持されています。今日でも、オヨ・デ・モントレイの葉巻は、キューバの伝統的な葉巻として、世界中の愛好家から愛され続けています。

オヨ・デ・モントレイの葉巻

オヨ・デ・モンテレイの葉巻一覧はこちらです。

オヨ・デ・モントレイのすべてのビトラは、ハバナ地域で採れるロングフィラーを使った完全ハンドメイドで作られています。

ダブル・コロナとセリエ・ル・ホーヨのようなビトラは、スリムでミディアムな味わいをしており、華やかなリングゲージのおかげで、このブランドで際立っています。
2004年にオヨ・デ・モンテレイの商品に加えられた、長さ102mm、50ゲージのペティ・ロブストは、特に高品質のハバナを楽しみたい、あまり時間のないスモーカーに向けたもので、有名です。

2008年、エピキュール・エスペシャル・ビトラが導入され、2004年のエディシオン・リミターダとしての成功の後、ブランドのスタンダード・ポートフォリオに加わり、エピキュールNo.1、エピキュールNo.2とともに、差別化されたプレゼンテーションによるリーニャを構成しています。

2014年には、歴史あるル・オヨ・シリーズを活性化しリニューアルした新ビトラ「ル・オヨ・デ・サン・フアン」が発売されました。

2016年には「レセルバ・コセチャ2012 エピキュアNo.2」を発表し、2018年には「ラ・カサ・デル・ハバノ」のフランチャイズネットワーク向けのスペシャルエディションで発表しました。
また同年には、ル・オヨシリーズの新しい厚いゲージのビトラであるル・オヨ・デ・リオ・セコが発売されました。

昨年の「オヨ・デ・モントレイ ダブルコロナス・グランレゼルバ・コセチャ2013」は、フェスティバルのメイン商品として、ブランドを代表するビトラ「ダブルコロナス」で初のグランレゼルバを発表しました。

そのブレンドの軽いフレーバーは、強度が低く、繊細で香り高い、エレガントで複雑なハバノを好む人にとって、魅力的な選択肢となります。

オヨ・デ・モントレイブランドのプリマベラスは、2021年の中国旧暦の春節「丑年」を祝うために、Habanos, S.A.が選定した新しいビトラでした。

プリマベラス・オブ・オヨ・デ・モントレイは、この中国での祝祭を記念して数量限定で生産され、世界中で入手可能です。
このビトラは、キューバ地域の最も名高い地域であるハバナのラッパー、フィラー、バインダーの葉を慎重に選択した後、「ロングフィラーで完全にハンドメイド」された18本のハバノスの特別ボックスで提供されます。

そのミディアムストレングスは、このリリースのもう一つの特徴であり、世界最高のタバコとされるタバコの最も経験豊かなスモーカーを喜ばせることでしょう。