ブランド

【葉巻ブランド紹介】ボリバー Bolívar

ボリバーの歴史

「ボリバー」という葉巻ブランドは、南米の解放者シモン・ボリバルに因んで命名されたものです。彼は、スペインの支配から南米の大部分を解放した偉人として知られています。ボリバルの栄光を称えるため、1902年にこのブランドは誕生しました。

ボリバー・ブランドは、現在、キューバのハバナ市にあるパルタガス工場が拠点となっています。この工場は、キューバ最大の葉巻メーカーの一つで、歴史的な建築物の中に位置しています。ここでは、熟練した職人たちが、最高品質の葉巻を生産しています。

ボリバーは、ハバノスの中でも最も強く、風味豊かなブランドの1つです。この葉巻は、フィラーとラッパーリーフで構成されるブレンドで、熟練したスモーカーにとっては非常に人気があります。ボリバーの特徴的な風味は、その名を冠した偉人の性格と一致しており、その強烈な個性が特徴となっています。ボリバーは、本物の葉巻愛好家にとっては絶対におすすめのブランドです。

ボリバーの葉巻

ボリバーブランドは、そのチャートサイズと種類を広めてきました。
2018年には、ブランドのポートフォリオの中で完全に前例のないデュークファクトリーサイズを初めて採用した限定版ボリーソベラノ(54 x 140 mm length)が発売されました。

このハバノで、愛好家はブランドのバランスの取れた香り高いブレンドを全く新しい形式で楽しむことができます。
最近のリリースは、ボリバー・レジェンテス(長さ52×130mm)2021年限定版でした。

すべてのハバノスは、”Totalmente a mano con tripa larga” – ロングフィラーを使った完全なハンドメイドで作られています。
フルフレーバーのハバノス愛好家の間で人気のあるブランドです。